【大学専門出版社】統一教科書出版・少部数教科書出版・電子教科書出版・講義用ノート・紀要・自費出版

DTP出版03-5621-4531

                                           お気軽にご相談ください


HOME > 電子教科書出版コーナー > 電子教科書出版トップページ

e-BUは教科書をWEBで買ってアプリで読む簡単・便利なサービスです

e-BUは教科書をWEBで買ってアプリで読む簡単・便利なサービスです ① 新規登録をしてください  e-BU WEBページ https://e-bu.biz ② WEBページでサインインして、書籍を購入してください ③ タブレットにアプリをインストールし、サインインしてください ④ ダウンロードページに表示されている書籍(購入処理が完了しているもの) をタップしてダウンロードし、書籍一覧ページで閲覧出来ます。 ⑤ このようにタブレットで教科書を読むことが出来ます 【授業・試験モード】 機内モードに設定して「授業・試験モード」にすると、不正を音と視覚的に知らせます  

導入費用 制作費 維持費 0円 電子教科書

電子教科書出版チェックリスト

 ↓↓以下の項目に1つでも当てはまれば、弊社の電子教科書出版が便利です
 ※当てはまる項目をクリックしてください

□ 教科書出版したいが、出版部数が少なく費用がかかりそうなので諦めている

① 僅少部数から出版することが出来ます
製版・印刷・製本・在庫と費用が掛からないので、紙書籍よりも少ない部数から出版することが可能です。

□ 授業の度にプリントを印刷して配布している

② 資源を無駄にせず、経費削減出来ます
大学ではコピー出力費も厳しい経費削減の対象になっております。また、コピーやプリントアウトした教材は、授業後に廃棄になってしまうものです。電子教科書なら資源を無駄にしません。

□ 出版した教科書の内容を、気軽に訂正したり、最新の内容へ改訂したい

③ 出版後の改訂・誤字脱字の修正が可能です
紙書籍では在庫の関係でちょっとした誤りや訂正などは難しかったのですが、電子であれば訂正や誤字脱字の修正が簡単に出来ます(制限回数あり)。

□ 試験は教科書の持ち込みが可能だが、カンニングが心配

④ カンニングを防止する機能(特許取得済み)が付いています
教科書閲覧アプリ(e-BU)には、ネット接続やメール送受信など教科書閲覧以外の行為をさせないカンニング防止機能「授業・試験モード」を搭載しており、不正をしようとすると警報音が鳴り監督者に知らせます。

□ 学生には出来るだけ安価な教科書を提供してあげたい

⑤ 低価格で販売出来ます
僅少部数の場合、一冊の単価が上がって購入するには高額になってしまいがちです。電子教科書なら、低価格で販売が可能です。

□ 費用がかからずに、カラー印刷の教科書を制作したい

⑥ 全ページカラーで作ることも可能です
グラフや図表・写真など、1色印刷で分かりづらいものでもカラーなら理解度が深まります。カラー印刷が多い医学書、実習書などにご利用ください。

□ 電子教科書に興味があるが、大学として導入しなくてはいけないことに抵抗がある

⑦ 大学としてシステムを導入する必要がありません
学生の手持ちのスマホやタブレットで閲覧出来るため、大学単位での導入は必要なく先行投資も不要です

□ 教科書を忘れてくる学生が多く困っている

⑧ 常に携帯している端末で閲覧出来るので、教科書を忘れる学生が減ります。
学生にとっては、重たい紙書籍を持ち運ばなくて済み、携帯性が飛躍的に向上します。
また、いつでもどこでも気軽に予習・復習をすることが出来ます。


【e-BUパンフレット】

iOSダウンロードボタン
iPhone・iPadアプリ

Google playダウンロードボタン
Androidアプリ

 ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)の発展と普及は私たちの生活を激変させました。2001年1月に「e-Japan戦略」が策定され、高速インターネットがインフラとして国を挙げて整備されましたが、その結果生み出されたものは「いつでも・どこでも・何でも・誰でも」ネットワークにつながる「ユビキタス社会」の実現でした。あらゆるモノ・ヒトが、ネットワークに接続していることを前提とした上で、それまでとは異なる新たな関係を織りなすようになり、私たちの日常生活のさまざまな部分に大きな変化が起こってきています。
 
 教育や出版も例外ではありません。2009年に文部科学省が「学校ICT環境整備事業」を打ち出し、全国の小学校、中学校、高等学校などにおいて教育用および校務用のパソコンの導入や校内LANの確立など、学校のICT環境の整備が推進されました。これはまた同時に、パソコンや電子黒板などICTを活用したわかりやすい授業を実現することや、子どもたちの情報活用能力の育成を図るという目的も含んでいました。
 
 こうした背景を踏まえ、教育の現場で使用される教科書にもまたICTの活用が求められるようになってきているのは、時代の流れにあってごく当然のことです。DTP出版ではこれまで、紙媒体の形で多くの大学教科書を出版してまいりました。その経験に基づいて考えた時、大学教科書の電子化という事業は、大変喜ばしいことに思えます。教科書を電子書籍という媒体に変えることで、学生・大学・先生のいずれに対しても紙の教科書を使うこと以上のメリットがもたらされると考えられるからです。
 
 電子書籍のメリットはまず何よりも、紙書籍に比べコストを抑えて制作できる点です。安価な制作費でカラー頁を採用することが可能となり、視覚に訴える授業構成が低コストで実現されます。学生側のメリットとしては、普段から情報通信機器を使い慣らすことで、授業で活用しながら実践的なICTスキルを習得していくことが可能になるという点が挙げられます。
 
 また紙書籍の制作時にかかる多くのコストは出版企画そのものにとって大きなネックでもあります。発行部数などに鑑みて、以前は出版自体を初めから断念せざるを得ないケースも多々ありました。しかし電子書籍のみを制作する場合は極少部数への対応も可能であり、制作費も書籍の定価も低価格設定になっております。
 
 さらに、電子書籍は複数冊の教科書の所持を可能としており、この点においても紙書籍と比べて優位性は計り知れません。
 
 そこで弊社から、この電子書籍の長所を最大限に活用する「スマホやタブレット型PC(以下携帯端末)を利用して授業が行えるシステム」すなわち「電子教科書サービス e-BU」のご案内をさせていただきます。
 
 当システムの大きな特徴は、大学の懸念であった不正行為防止の問題を解決し、授業中・試験中の携帯端末の持ち込みを可能にする仕組み(特許取得済み)を組み込んだことです。学生が授業中・試験中に携帯端末でインターネットに接続しようとするなど、教室の機密性を妨げる行為には警報が鳴って監督者に知らせる機能があります。

e-BUとは"e-book for university”の頭文字を取った造語です。「大学に向けた電子書籍(electronic book)」すなわち<先生に>向けた、そして<学生に>向けた電子書籍を作ることを目標に立ち上げられました。
時代の趨勢に応えて電子書籍の制作を、2013年11月よりiOS版、Android版にて開始致しました。
この画期的な特徴を持つ電子教科書サービスe-BUを、より多くの先生方に周知頂き、学生の利便性、大学経費の合理化及び先生の授業負担軽減の一助に活用されんことを願っております。

【特許取得のお知らせ】
 電子教科書アプリe-BUのカンニング防止システム特許を取得いたしました!!

 ※カンニング防止システム(「授業・試験モード」)とは・・・授業中・試験中にネット接続やメール送受信等の操作をしようとすると警報音が鳴り監督者に知らせる機能です。
授業や試験の開始前に、すべての学生が持つ端末の同機能を作動させることで、不正を抑制できます。
特許の詳細につきましては以下の通りです。

◇特許番号  特許番号 第6153787号
◇特許登録日 平成29年6月9日
◇発明の名称 電子書籍のカンニング防止システム
◇特許権者  東京都江東区木場二丁目18番14号
       株式会社DTP出版
◇発明者   鳥居 有一