【大学専門出版社】統一教科書出版・少部数教科書出版・電子教科書出版・講義用ノート・紀要・自費出版

DTP出版03-5621-4531

                                           お気軽にご相談ください

DTP出版 教科書 無料 出版 大学 オリジナル 自作 タダ フリー

校正記号表

○わかりやすく正しい指示を心がける

 書籍をつくる上で非常に大切な作業工程の一つが校正です。本来は二つの文字や文章を比べ合わせ、誤りを正すことを指しますが、狭義では、印刷物・出版物の仮刷りと原稿とを照合して正しく組み上がっているかを確認し、また誤りを正すことを指します。この作業に使われる仮刷りそのものを校正と呼ぶ場合もありますが、校正刷り、もしくはゲラと呼ぶほうが正確でしょう。

 印刷物・出版物も工業製品の一種ですから、校正記号は日本工業規格(JIS)によって厳密に定められています。間違っている文字を正しい文字にあらためる〈だけ〉のことだと言ってしまえばそれまでですが、その指示が不適切だと印刷物・出版物の内容はめざすものには近づきませんし、書籍制作の工程に遅滞を生じる場合がないとも限りません。「わかればいい」ではなく、しっかりとわからせるために指示を伝えるように心がけましょう。

 幸いにして校正記号のJIS規格にも多くの許容があります。それを踏まえた上で、できるだけ正しい記号を用いて校正するよう留意してください。以下に掲げるのはJIS Z 8208:2007をもとに弊社で作成した表です。完成度の高い一冊のために、校正の際の参考となりましたら幸いです。



校正記号表1


校正記号表2


校正記号表3


校正記号表4


校正記号表5


校正記号表6


校正記号表7


校正記号表8


校正記号表9


校正記号表10


校正記号表11


校正記号表12


校正記号表13


校正記号表14


校正記号表15


校正記号表16


校正記号表17


校正記号表18


校正記号表19


校正記号表20